サプリにもある副作用

普段の生活で摂取する成分であるビタミンやミネラルも過剰に摂取してしまうと体内に影響を与えてしまいます。
たとえば、ビタミンCは下痢になったり、ナイアシンは皮膚が赤くなり痒くなったりします。また、普段摂取しない漢方系のサプリメントだと、合わない人は色々な影響があります。 例えば、甘草は体内のカリウムを減らす作用があるため、むくみや血圧上昇を引き起こしてしまったり、アロエは下痢してしまったりと人それぞれで強度の違いはありますが、過剰摂取をすると影響を与えてしまいます。

また、薬と併用してしまうと悪いサプリメントもあります。もともとカラダのシステムを変更させる働きで使うので薬はもともと人間の体には存在しないものだからです。
例えば、風邪薬や利尿作用がある薬はビタミンやミネラルを体外へ排出しやすくなります。そのため、このような薬を採る場合はミネラルやビタミンを多く取ることが必要です。
そのため、風邪薬をとるときは一緒にビタミンCを摂取してあげたり、ミネラル補給のために、ポカリスエットを飲んでみたりとすることで風邪薬の悪影響を抑えてあげることができます。
ほかにもインスリンと一緒にビタミンCをとると血糖値を下げすぎてしまうため、逆に低血糖を起こしてしまい、気を失ってしまうようにんります。ビタミンEも同じようなはたらきがあるので医者との相談が必要です。

何でも過剰摂取などは悪いように、生活の中にあまり存在しないものを多く取ることは気をつけたほうがいいのかもしれません。

新着情報いろいろ

2012/11/21
摂取の仕方を更新
2012/11/21
天然と合成を更新
2012/11/21
副作用を更新
2012/11/21
なぜ必要?を更新
2012/11/21
サプリが必要を更新
2012/11/20
ホームページリニューアル